LINK
車買取においてこのところ注目されているのがネットオークション経由でのトレードがあげられます。ネットオークションのメリットはなんといっても、中古車の買取業者や引き取りを依頼する場合よりも高い査定額で売ることができるということでしょう。ご自身が売却をする愛車の買取相場を把握し満足がいかないと思うのであればオークションサイトで売ることでそれより満足できる金額で手放すことが可能性としてあります。ただし多少手間がかかるのが負担になるかもです。個人オークションに出す場合は一般に言われる競売サイトを利用せず中古車の情報が豊富なサイトや中古車専門店がたくさんユーザー登録しているサイトでオークションサイトに出品するのが良いと思います。このようなホームページを使うことで何種類かテンプレートが準備されていますのでそれらを利用して記入していくことで素人でも簡単に出品することが可能です。競売に出す場合、クルマはその写真が肝要です。その写真によりアクセスするユーザーは車の程度をみると言っても差し支えありません。写真は前、後ろ、横の外面は当然ですが、レーダー探知機などのインテリアも丁寧に掲載するとよいでしょう。そして、自動車の出品した後の苦情をできるだけ防ぐテクニックのひとつとして瑕疵、気になる点などがあったらそういった部分もきっちり画像で見てわかるようにしなければいけません。これは中古車を処分する場合でも同じことが言えます。さらにオプションなどのETC吸気・排気系パーツ、ラジエーターやフォグランプ、サスペンション、2連メーター、ドアミラー等ドレスアップパーツが含まれる車両でしたら、アピールポイントを掲載してそれぞれの画像を用意をしておいたほうがよいでしょう。こうした電装系パーツやスタビライザー、スピードメーター、ブレーキキャリパーやネオン管、オーバーフェンダーなどの車外装備品は凝っている人にはやはりプラス評価になるものです。ネットでの個人間売買で落札後の認識違いを出品前に防ぐ方法のひとつとして修復歴や不具合があったらきちんと理解しやすいように載せるようにしましょう。ご自身でネットオークションで掲載していくということが難しいというのならば、オークションサイト代行業者という業者がいますので、業者にに頼むという手もあります。これは普通のインターネットオークションとは異なり、自分の売却する自動車を専門業者が集まるインターネットオークションに載せて代行をすることになります。愛車の買取相場が一般の査定相場ではなく業者間の相場になりますから一般の競売と比較して少し高額での落札が期待できます。競売代行業者の手数料を差し引いた上で所有車の落札金額が確定してきますので、オークションサイトを代行してくれる業者の実績やマージンによっては、一般のオークションと比較して最終的に多少値段が下回ることもあるので気を付けましょう。オークションの場合は相当オークションサイトを代行してくれる業者の実績に左右されるケースが大きいので信頼のおける業者にお願いするのが肝要だと思います。ネットオークションでのクレームについては委託することになるため結構低くなっています。どのようなオークションサイトでも同じですが、ご自身の自動車に関して不利になること(傷など)を隠していると、返金になったり最悪のケースではクレームになることも考えられます。自分の所有車の情報はしっかりと隠さないようにしましょう。