LINK
中古車売買において近頃脚光を浴びているのがオークション経由でのトレードがあります。オンラインオークションのいいところはなんといっても、中古車の専門店や下取りに出す時よりもお得に売却できるということでしょう。自分が売ろうとしている車の売却額相場を理解して物足りないと感じたのでしたらオークションサイトを利用することでそれ以上に高い額で売買することができますが、ただし多少手間がかかるのがデメリットです。オンラインオークション出品するのならば普通のモバイルオークションなどを選ぶのではなく、中古車の情報が豊富なサイトや中古車業者が集まるページで競売に出すことが高値査定の秘訣です。このような競売サイトを選べば、たくさんの商品説明テンプレートがあるのでそういうものを活用して記載することによってすぐに出品することが可能です。競売に出す愛車は写真が与えるインパクトは重要です。その画像を手掛かりにアクセスするユーザーは意思決定をするという結果が出ています。自動車の画像は車の外面は当たり前ですが、カーテレビ、スピードメーターなどの車の中もきれいに掲載するとよいでしょう。そして中古車の出品後のクレームを抑えるためにも凹みや傷、説明が必要な点があったらそういった部分も分かりやすく画像で見てわかるようにしてください。自動車を手放す場合でも例外ではありません。それから、アピールポイントとして電装系パーツやエキゾーストマニホールド、インタークーラーやホーン、サスペンション、メーターパネル、ドアミラー等の社外パーツが含まれる場合詳しく掲載してその画像を用意しておくと良いですね。先にあげたカーテレビやサスペンション、3連メーター、オイルクーラーや吸気・排気系パーツ、マフラーカッター、ドアパネルというような社外パーツは人によってはご存知の通りプラスの材料となることがあります。でのやり取りの中で出品後の苦情を出品前に防止するために部品交換をした箇所の情報や具合の悪い箇所がある場合忘れずに分かりやすく記入するようにしなければいけません。ご自身でインターネットオークションを使うことが想像以上にハードルが高いならば、インターネットオークション代行業者に頼むという手法も考えられます。このケースは一般的な競売とは一線を画し売却する車を専門業者が集うオークションサイトに掲載し進めていただくという形になります。車両の査定相場が一般の売値相場とは違い、専門業者間の買取相場になりますから一般的なオンラインオークションと比較するといくらか高い入札額になる場合がほとんどです。オークション代行業者のコミッションを差し引いた形で売る車の落札金額が確定してきますので、オークションサイト代行専門業者の種類や手数料次第では、一般的なインターネットオークションよりも結局すこし価格が低くなる場合もあるので注意が必要です。こうした競売はだいぶオークション代行業者の実績に振りまわされることも大きいので実力のあるところを選ぶということが大事な点だと思います。オークションサイトのトラブルは、委託している形になるのでかなり低いと思います。どのインターネットオークションの形でも同じことですがご自身の車にとって不利になること(傷など、へこみなど)を隠していると買取額が下がったり場合によっては取引の停止になってしまいます。自らの売る車のことは書いていくようにしてください。